のんびり節約。

夫婦で週休3日勤務です。ストレスフリーな暮らしを目指しています。どこにでもいる主夫のブログ。

住民税非課税世帯10万円給付金(2022年度)、前回の「家計急変世帯」はもらえる?→もらえないようです。

(※記事は4月28日時点での情報をもとに作成しています)

 

 

皆さん、こんにちは。

先日、政府の緊急経済対策で「今年度から新たに住民税非課税世帯となった世帯に10万円給付する」ことが発表されました。

 

そんな中、「前回の給付金を『家計急変世帯』として受け取り、さらに今年度から住民税非課税世帯となった世帯」はこの給付金をもらえるのか?という疑問がありました。(私自身、この世帯に該当します。)

この点に関し、気になっていたので毎日情報をチェックしていたのですが、、、

 

どうやら、前回の給付金を受け取ったすべての世帯は、10万円をもらえないようです。

 

原油価格・物価高騰等に関する関係閣僚会議(令和4年第2回)議事次第

こちらの議事次第の9ページ目に、このように記載があります。

 

「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について、家計急変により受給資格があるにもかかわらず、申請がないことにより受給できていない世帯に対して、和4年度課税情報を活用したプッシュ型給付を行う形での運用改善を図る。」

 

これを簡単に言ってしまえば、

 

「前回の給付金で、「家計急変世帯」の申請をすれば10万円もらえる世帯に通知します。」

 

ということになります。

 

つまり、新たな「2回目の給付金制度」を実施するわけではないのです。

 

給付金をもらいそびれている世帯に通知するのは大事だとは思います。

10万円貰えないならそれはそれで仕方ないことだとも思います。

 

しかし、新たに給付金を配るわけでもなく、紙切れで通知をするだけなのに、それを「原油価格・物価高騰に対する緊急経済政策」と謳うことには、甚だ疑問が残ります。

 

前からある給付金が、どうして今日の物価高騰対策になるのでしょうか。

そもそも、今回の給付金の対象世帯もそこまで多いとは思えません。

給付金の財源は1.5兆円といわれていますが、それを10万で割ったら1500万。果たして1500万世帯も居るのでしょうか。

この「通知」にかかわる事務コストも見過ごせるものではないでしょう。

 

結局のところ、この政策は、政府の「やってる感」を演出するだけのものだと私は思います。

 

今回の給付金に関しての記事がネット上で広まった時、非課税世帯への批判で大荒れになりました。

非課税世帯の人々は貰えないのにもかかわらず。

限りなく少ない対象への給付を喧伝し、国民間の分断を煽るようなことは辞めていただきたいです。

 

そして何より、出来る限り多くの国民が利益を享受できる経済政策を実施していただきたいものです。

 

もしあなたの身の回りに「非課税世帯は何度も何度も給付を受けてずるい!」と言っている方がおられましたら、この記事を見せて「貰っていません。」とお伝えください。

それでは今回はこの辺で。

主夫の私がパートを辞め、ウーバーイーツを選んだ理由。

皆さん、お久しぶりです。

 

今日は私がなぜ、数年続けたパート勤務を辞めてウーバーイーツ配達員として働くようになったのかをお話しようと思います。

 

現在パートで働いていて、「毎日ストレスで働きに行くのがつらい!!」という方には、ウーバーイーツ配達員はおススメの仕事です。

 

主夫、主婦の方々に参考になれば幸いです。

 

パートを辞めた理由

 

パート勤務と精神的ストレスは、切っても切り離せない関係にあると思います。

 

人間関係のストレスは、特に。

 

そして、そのストレスを回避することも不可能と言っていいでしょう。

 

私は、身分が上の人に色々と言われるのが苦手でした。

それが原因で心の病気にもなったため、仕事を選ぶ時はいつも慎重でした。

パートの求人をしている店に実際に何度も足を運び、優しそうな人しかいない職場、良い雰囲気の職場を選んで応募していました。

そのおかげで、いつも働き始めてから数か月間は楽しく働ける職場を選べていました。

 

しかし、パートとして働いている限り、配置換えなどで新しい社員が入ってきます。

 

相性が合わない上司が入ってきてからのパート勤務は、何よりもつらいです。

私はこのような事態に何度も遭遇し、そのたびにパートを辞め、他の職場を探すという生活をしていました。

 

そんな中で、私は「パートで働いている限り、一生ストレスからは逃れられないな」と思いました。

 

なんとかこの暮らしを脱するために、ウーバーイーツの仕事を始めたのです。

 

 

ウーバーイーツ配達員になってから、心が楽になった

配達員の仕事は、パート勤務にあるようなストレスとは無縁です。

 

毎日顔を合わせる嫌な上司は居ません。

仕事で何かミスをしても、怒られることはありません。

配達中のトラブルも、サポートが助けてくれます。

暇な時間は自分の好きなことが出来ます。

疲れたら帰れます。

 

働き始めて感じたメリットは上記のような点で、

何よりもストレスが無くなったことが嬉しいです。

 

もちろん、最低賃金よりも稼げないときもありますが、

それを補うために勤務時間を少し伸ばしても全くつらくないと思えるほど、楽しいです。

 

精神的な調子が良くなったおかげで、顔中にあったニキビもなくなりました。

自分の昔の写真をみると、顔がずいぶんやつれていたな、と思います。笑

 

 

楽しいウーバーイーツ。だけど・・・

基本的には楽しく、メリットばかりのウーバーイーツですが、一つだけ難点があります。

それは、交通事故のリスクです。

常に運転をする以上、どんなに注意をしていても事故の可能性はゼロにはなりません。

レジ打ちの仕事で交通事故を起こすことは無いため、この点は配達員の仕事の大きなデメリットと言えます。

そのため、私は配達員と同じくらいストレスが無く、事故のリスクもなく、自由な仕事が生まれたら、そちらに移りたいなぁと考えています。

 

「配達員の仕事は将来性が無く、すぐになくなる」と言われることもありますが、私はそうは思っていません。

ドローン配達もまだまだ先の話ですし、ウーバーで働けなくなる頃には他の色々な仕事もなくなっているでしょう。

それまでに新しい働き方が生まれていればいいなぁと思っています。

まぁ、何もなければどこかの清掃員にでもなろうかな…

 

それでは、今日はこの辺で。

また何か思い浮かんだら記事にします。

大阪市非課税世帯給付金(家計急変世帯)の給付を受けました。

f:id:nonbiri_setsuyaku:20220407100051j:plain

 

大阪市から給付が届きました。

去年、収入が激減したのでダメ元で申請したところ、通ったので良かったです。

今回は、「家計急変世帯」の申請から給付までの流れを記事にしようと思います。

 

申請~給付までのスケジュール

先ほどやっと給付を受けたわけですが、申請からは結構時間がかかりました。

 

2月下旬…「家計急変世帯」の申請書を申請

お恥ずかしながら、去年の収入が住民税非課税世帯並みだったため、何もしなくても給付金のハガキが来るもんだ、ハガキを返送すれば勝手に給付されるもんだと思っていました。

 

しかし、簡単に給付されるハガキが送られるのは2020年の収入が住民税非課税並みだった世帯だけで2021年の収入が住民税非課税並みだった世帯は、別途申請を行う必要があります。

 

そのため、「紙の申請書」を郵送してもらうための「申請」をオンラインで、二月下旬に行いました。

 

 

3月上旬…「家計急変世帯」申請書が到着。記入の上、返送。

オンラインでの申請から1週間後に申請書が届きました。

届くまでの間に、必要書類(本人確認書類、通帳のコピー、源泉徴収票など)を揃えておいたため、その日のうちに記入、返送しました。

 

 

3月下旬…オンラインで状況を確認するも、未受付。問い合わせで確認。

郵送された申請書に「受付番号」が書いてあり、特設サイトで申請状況が確認できたので3月下旬に状況確認をしました。

しかし、「書類がをまだ受け付けていません」といった旨の表示が出たため、「もしかして届いてない?」と思い、電話で問い合わせをしました。

すると、「書類は受付済みでこれから審査です」ということだったため、届いたことにとりあえず安心しました。

電話の後、特設サイトで再確認したら「書類受付済」になっていました。

 

 

4月初め…オンラインでの状況が「支給準備中」に切り替わる。

電話でのお問い合わせの後はとんとん拍子で審査が進んだようで、1週間ほどで審査が完了し、「支給準備中」となりました。

 

 

4月7日…給付完了。

 

 

給付までの流れで思ったこと、給付金の使い道など

申請に関して思ったのが、給付申請自体をオンラインで出来ればもっと楽だったのになぁということです。

わざわざ紙に書いて、返送する必要があるほどの情報は無かったと思いますし、確定申告など、お金が絡むものも今はオンラインで完結できることが多いです。

もちろん紙での申請ができることも大事ですが、オンラインでも出来るようにしてもらいたいです。

マイナンバーと銀行口座の紐付け等、便利になるなら何でもやってよいと思います。

関連して、確定申告ももっと簡単になってほしいです。私は、政府に所持金をすべて見られても特に困らないです。

 

申請に関する問い合わせをしたコールセンターの方が結構優しかったので、不安があればすぐに問い合わせた方が良いと思います。

 

給付金の使い道ですが、早速4~6月分年金の前納に使いました。

10万円という大金、残りも大切に使っていきたいと思います。

食費だけで見れば、数か月分もありますから。

 

世帯員一人当たり10万円ではなく、世帯に10万円だったことや、

大阪市が独自に始めた減収世帯への10万円給付は、2021年の減収は対象外というのは少し気になりますが、

貰えるだけありがたいと思っておきます。

物価も上がってきたので、今後、また何かしらもらえることを願います。

毎月1万円くらい国民全員に配ってもいいと思うんですけどね…

 

それでは、今回はこの辺で。

議論をしない生き方。

nonbiri-setsuyaku.hatenablog.com

この前の記事に関連して、私が「議論」を極力避けて生きていることを話していきたいと思います。

 

私は、日々の暮らしの中に「議論」は必要ないと考えています。

 

何故なら、仕事でもないのに議論をすることはデメリットだらけだからです。

基本的に、「議論、言い争い」というのは、互いが「自分が正しい」と強く思っているときに起きるため、

  • 感情的な「口喧嘩」になってしまう。
  • お互いに譲ることなく、延々と続く。
  • 決着がついたとしても、言いくるめられた側の考え方が変わることは無い。

このような展開になってしまうことが殆どです。

好戦的な人が多いインターネットでは、なおさらでしょう。

 

私にとって「議論」とは、ストレスがたまり、時間を無駄にする、学びのない行為です。

 

わざわざ気分を悪くするために、口喧嘩に対応してやる必要はありません。

 

私が「議論」を嫌うようになった出来事があります。
それは、大学の頃のとある教授の対応。
その教授は、自分と違う意見をすべて排除する人でした。
少しでも気に食わなければ、相手の気持ちを配慮することなく、延々とケチをつけ続ける。
最近の言葉でいえば、「ロジハラ」ですね。
文句を付けられるために大学に通っていたわけではなかったので、大変苦痛でした。
それでも講義を受ける必要があったため、カウンセリングに通い、何とかごまかしつつやっていました。
しかし、耐えきることはできず、、、
その先はご想像にお任せします。

 

そういうわけで、私は議論をしません。

議論を避けるのって、売られた喧嘩を買わなければよい話なので、結構簡単なんですよね。

 

現実世界での議論を避けるには、

  • 嫌な空気になったら、話を変える。
  • 変な相手には、自分の考えを伝えない。
  • 執拗にケチを付けられたら、その場を離れる。その相手とは距離を置く。

 

ネット上での議論を避けるには、

  • 何か文句を書き込まれても、無視をする。
  • コメントを削除できるようなら、削除する。(自分、相手、どちらでも)
  • 粘着してくるようなら、ブロックする。
  • それでも続くなら、しかるべきところに相談する。

 

私はこんな感じで、議論を避けています。

人と争うのって、かなり精神的に消耗するので、

意識して避けるだけでも日々の生活が変わると思いますよ!

 

それでは今回はこの辺で。ぜひ、実践してみてくださいね!

バッテリー容量21%のiPhone6からiPhone8に機種変した話。

皆さん、こんにちは。

今日は、長年使ってきたiPhone6をiPhone8に機種変更したため、そのことを記事にしようと思います。

 

早速、バッテリー容量の画像を載せておきます。

 

f:id:nonbiri_setsuyaku:20220402095517j:plain

iPhone6のバッテリー容量。ここまで使い古したのは私だけでしょう!!

 

最大容量21%って、フル充電しても1時間持たないんですよね。。。

ここ半年は、常にモバイルバッテリーをつないだまま使ってました。

それでも壊れているわけではなかったため使い続けていたわけですが、

色々と不便が出てきたので、この度ついに機種変更を決意しました。

 

iPhone8を選んだ理由

機種変更するにしても、なんでiPhone8!?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、

実はこのiPhone8、今でもバリバリ使える高コスパ機種なんですよね。

私が機種変更して感じたメリットを書いていきます。

 

iPhone8のいいところ1:価格

iPhone8は、とにかく安いです。

私はフリマアプリでバッテリー容量100%の端末を買いましたが、

価格はなんと14,500円でした!

 

新しい端末を購入するって、結構ハードルが高いことです。

「実質負担額1円!」なんて広告も、下の方にある小さな字を読むと結局数万円かかっていたりします。

そんな中、今でも使えるiPhoneをこの価格で手に入れることが出来るのは大きなメリットだと思います。本当にお買い得!

 

iPhone8のいいところ2:次世代の機能が備わっている

iPhone6を使っていて不便に感じていたことが、8に変えた瞬間、ほとんどなくなりました。

  • Suicaが使える
  • アプリが重くなったり、落ちたりしない
  • 最新のiOSに対応している
  • 大半のゲームができる

ぱっと思いついたことでこれだけあります。

iPhone6だと、性能が足りないせいでしょっちゅうアプリが落ちていたんです。

ウーバーイーツの仕事でもiPhoneを使うのに、アプリが落ちまくってストレスでした。

それが今は処理落ち知らず!大満足です。

ウーバーの仕事を古いスマホでやるのは、

ある意味「縛りプレイ」だったな、と思いました。

 

iPhone8のいいところ3:touch IDが使える

指紋認証でロックを解除できるtouch IDが、iPhone8では使えます。

最近はFace IDのiPhoneばかりですが、表情によっては反応しなかったり、コロナ禍でマスクを外すのは不安も多かったりするため、

親指一本でなんとかなるtouch IDの方が便利だよなぁ、と思っています。

 

 

上記の3つの点が、iPhone8に機種変更してよかったところです。

この性能のiPhoneが15,000円前後で手に入るのは、凄いですよね。

わざわざ最新の機種を何万円も出して購入するより、

こういった今でも使える古い機種を安く手に入れる方が良いと思います。

浮いたお金を貯金できますからね!

 

iPhone6を5年間使い倒してきましたが、

iPhone8はそれ以上、使っていきたいなと思っています。

 

これからよろしく!!

 

不必要なストレスを避けて、のんびり暮らす方法~「心の節約」をしよう~

皆さんこんにちは。

本日は、私がいつも実践している「心の節約」について記事にしていこうと思います。

「心の節約」とは、「無駄に心を疲れさせない」生き方です。

ストレスを最小限にとどめることで、毎日の暮らしが明るいものになりますよ!

それでは、具体的にどんなことをしているか、書いていきます。

 

 

心の節約その1:「イライラ」を避ける

一番実践しやすいのが、「イライラ」を避けることです。

例えば、インターネットで記事を読んでいるとき。

 

「芸能人の○○が問題行動を起こした」

 

「高校生がSNSでバイトテロ」

 

上記のようなタイトルの記事をよく目にしますよね。

最近は毎日のように「炎上」として取り上げられています。

 

私は、こういった「炎上記事」をあえて見ないようにしています。

 

何故なら、記事を読んでも「イライラ」が生まれるだけだからです。

自分の人生に関係のない、記事を読むまで名前すら知らなかったような人の行動にイライラさせられるなんて、時間の無駄だと思いませんか?

 

「炎上」を見ても、何一つメリットはありません。

 

その他にも、日常生活には避けられる「イライラ」がたくさんあります。

  • テレビを見るのをやめる(炎上や、広告によるイライラを避ける)
  • 対人ゲームをやめる
  • 手伝いを頼むことをやめる

私が特に心がけているのが「手伝いを頼むことをやめる」です。

今までは、私が家事をしているときに、何気なく妻に手伝いを頼んでしまうことがありました。

ただ、妻は家事が苦手中の苦手のため、頼んでも絶対に手伝いに来ません。

それに対してイライラしていた私でしたが、別に家事が嫌いというわけではなく、むしろ楽しんでやっているので、

「一人で家事を済ませてしまえばいいじゃん!」という発想に至りました。

そうすることで、妻とのコミュニケーションによるストレスを無くし、

「こんなにテキパキ家事をする自分って偉いなぁ」と優越感が得られています。

 

心の節約その2:「人間関係」の節約

「心の節約」のためには、友達選びも重要です。

私は子どもの頃から、疲れる人付き合いを避けてきました。

関わる相手を間違えると、様々な損をすることはもちろん、

心の病気にもなりかねません。

これから、私が「避けている」人の特徴を書いていきます。

 

避けている人①:「嘘」をつく人

私が一番嫌いなのが、「言っていることとやっていることが大きく食い違っている」嘘つきです。

私が高校時代に絶縁した人が、こういう人でした。

「勉強をしたいからアドバイスしてほしい」と毎日のように言われ、

アドバイスをすると、その場では「やる」と言っておきながら、実行しない。

それなのに、また次の日も聞いてくる。

時間を無駄にされ、本当に腹が立ちました。

 

嘘をつく人は、常に嘘をつき続ける習慣が出来てしまっていることが多く、

言っていることすべてが信用できないので、関わらない方が良いでしょう。

 

避けている人②:お金を要求してくる人

どんなに仲の良い相手でも、お金の貸し借りはやめた方がよいでしょう。

私の祖母はよく、「お金を貸すなら、あげるつもりで貸しなさい」と話していました。

金融機関ではなく知り合いにお金を要求している時点で、返してもらえる見込みは少ないんですよね。

また、一度貸してしまうとその後も要求される、ということが多いので、

やはり関わらない方が良いでしょう。

 

避けている人③:相手の気持ちを尊重できない人

良い人間関係は、お互いの気持ちを尊重しあうことで成り立つものだと思っています。

そのためには、たとえ相手の意見が自分と違ったとしても、一度受け入れる必要があります。

私が避けているのは、そういった他人の意見を頭ごなしに否定する人です。

「自分の考えていることがすべて正しい」

このように考えている人と関わっても、何一つメリットはありません。

 

その場の言い争いで考えを押し通せたとしても、相手にとってそれが「正解」であるとは限りません。

 

また、そのような人に言われるがまま従って、その通りに行動したうえで何か失敗したとしても、何も責任は取ってくれないでしょう。

 

そもそも人の考え方は容易に変わるものではないため、

議論をすること自体が間違っていると私は思います。

余計なストレスを抱える前に、逃げてしまった方が得です。

 

これに関連して、「議論」についての補足記事を書きました。

 

nonbiri-setsuyaku.hatenablog.com

 

避けている人④:法律を守らない人

やはり、「人の道」である法律を守らずに生活している人とは関わらないのが賢明です。

例えば、脱税をしていたり、未成年飲酒喫煙をしていたり、反社会的勢力との関係があったり。

どんなに良い人に見えたとしても、法を破る人間がまともだった試しはありません。

いずれ必ず面倒に巻き込まれることになると思います。

 

ざっと思いついた「避けている人」の特徴を記しました。

こういった人と関わるのはストレスですし、

関係を続けている限り、それが消えることもないため、

今のうちに見直しておくことも良いでしょう。

携帯を変えたことにしてLINEをブロックしたり、

必要であれば、引っ越してしまえば、

人間関係は簡単に断つことができます。

 

心の節約その3:「頑張る」をやめる

ここでまず伝えたいのが、自分が「頑張りたい!」と思わない限り、どんなことでも頑張らないことです。

不本意に頑張る、無理をすることは、非常にストレスです。

 

例えば、アルバイトで「頑張る」なんてことは無意味だと思います。

いくら頑張っても、時給は上がりませんし、

上司はどんどん「こいつをこき使おう」と要求を増やします。

頑張り損ですよね。

「やりがい」「スキルアップ」なんて言葉を使ってくることもありますが、

その仕事を辞めた時点で役に立たなくなるスキルなんて、身につけない方が良いです。

私自身、無理な頑張りを要求されることが多々あったため、何度もアルバイトを辞めました。

その結果ウーバーに行きついたわけですが、その話はまた今度にしたいと思います。

 

自分が興味のあることについて頑張ることは、とっても大切です。

「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、

「好きなこと」を究めて、誰よりも詳しく、上手になれば、

それだけで生きていくことが出来るようになります。

これからの社会、単純な仕事は無くなっていくと思うので、

「誰にも負けない」何かを持ちたいものですね。

 

ということで、今回はこの辺で。

また何か思いついたら、記事にします。

今月分の電気代がいつもの3倍だった件。原因を調べました。(enひかり電気)

皆さん、お久しぶりです。

今日はタイトルにもある通り、電気代が急に高くなった件について、いろいろと調べてみたので記事にすることにしました。

 

契約会社

enひかり電気

 

家族構成

私と、妻の2人暮らし。

 

請求された電気代

¥11,631

 

去年の3月の電気代は、4000円ほどでした。

それと比べると、なんと3倍です。

さすがに高すぎるので、お問い合わせをしてみたところ、原因が判明。

先に結論を記しますと、enひかり電気の「算定期間の変更」が大きく影響していました。

 

高くなった理由1:請求が2か月遅れだった

お問い合わせをして分かったのが、enひかり電気は2か月遅れで請求をしている、ということ。

つまり、今回請求されたのは、2022年1月分の電気代ということです。

冬だから電気代が高くなったのであれば、仕方ないですね!

 

ということで、他の電力会社を利用していた2021年分の電気代を見てみましょう。

2021年の電気代。1月分は一番下にあります。

2021年1月の電気代は、6,080円でした。

やっぱり電気代、倍になっとるやないかい!!!

 

高くなった理由2:算定期間の変更

enひかりの電気利用量、代金も専用サイトで見ることができたため、確認してみました。

 

2021年11月~2022年2月の電気代。

 

これを見ると、12月分の電気代が異常に低いといいうことが分かります。

 

原因を確認するために、色々調べていると、こんなメールが届いていました。

算定期間の変更をお知らせするメール。

 

わかりづらいですが、どうやら今回の電気代は12月~1月分のほぼ二か月分の料金が請求されていたようです。

そりゃあ電気代も倍になりますよね。仕方ない。

 

ちなみに、12月分~2月分のデータをもとに平均してみると、

平均電気料金:6,313円

平均電気利用料:274.8kw

となりました。2021年1月分と誤差の範囲内ですね。とはいえ、少し高いですが…

 

高くなった理由3:生活スタイルの変化

電気代が倍ではなかったことが分かりましたが、それでも去年の利用料金よりは高くなっています。

ということで去年と今の生活にどんな違いがあるか思い返してみると、、

去年の冬…妻の実家にお世話になるなど、家に居る時間が短かった。

今年の冬…妻が仕事を一時期休んでいたため、一日中家に居ることが多かった。それに伴い、暖房もつけっぱなしの日が多かった。

単純に暖房を使う時間が長かったというのも、電気代が高くなった原因の一つでした。

やはりエアコン暖房はお金がかかりますね。。。(涙)

 

まとめ:来年の冬は節約できるようがんばります

3月の電気代が非常に高くなった件、調べてみたらこのような結果になりました。

・1月分の請求が2か月遅れで来ていた

・算定期間の変更により、ほぼ2か月分の請求が来ていた

・単純に暖房を使う時間が長かった

漏電などがあったわけではなく、来月からはいつも通りの電気代のようなので、ひとまずは安心です。

とはいえ、冬の暖房には気を付けなければと思いました。

次の冬はエアコンをほぼ使わずに快適に過ごせるよう、工夫してみます!!

 

それでは、今回はこの辺で。ご覧いただきありがとうございました!