のんびり節約。

夫婦で週休3日勤務です。ストレスフリーな暮らしを目指しています。どこにでもいる主夫のブログ。

毒親からの脱出 第四話「ついに『家出』をした私」

 

nonbiri-setsuyaku.hatenablog.com

 

はじめに

この記事では、私が毒親から受けた仕打ちや、逃げるために行った様々なことを、体験談を交えて紹介していきます。

・虐待の記憶

・家出

・キラキラネームからの改名

・分籍

主にこの4つに関してお話していきます。

現在家出を考えている方や、毒親に苦しめられている方に、この連載が少しでも参考になればと思います。

 

今回は、私の家出が想定より早まることになった、とある「事件」と、家出をした時のことについて、お話していこうと思います。

 

受験生の私を襲った「事件」

高校生活最後の冬。受験に向けて、私はラストスパートをかけていたところでした。

両親とは可能な限り接触しないように生活し、自分にストレスが掛からないように努めていました。

しかし、そんな中で一本の電話がかかってきます。

電話の相手は祖母でした。

「あなたの両親がまた離婚をするようだ。もしかしたら、引っ越しすることもあるかもしれない。」

それを聞いた私は、怒りで涙が止まりませんでした。

いつまで私の足を引っ張れば気が済むのか。

18年も私のことを苦しめ続けておいて、また振り回すのか。

余りにも身勝手すぎる。

 

明日、家を出ていこう。

自分を守るために、逃げる決心がつきました。

 

早朝3時。私は家を出た

祖母から電話を受けた数時間後。

私は祖母に、「明日そちらに逃げることにします」と伝えました。

私の話を何年も聞いてくれていた祖母は、すぐに「わかった」と返事をくれました。

 

翌朝。目覚ましを付けずとも2時半に目が覚めました。

部屋に落ちていたA3の白い紙を拾い上げ、私は両親に、最初で最後の手紙を書きました。

 

幼少期から受け続けた虐待への恨み。

友人関係すら破壊してきたことへの恨み。

プライバシーの欠片もない生活を強要されたことへの恨み。

離婚、再婚を繰り返し、私を振り回したことへの恨み。

 

A3の白い紙は、あっという間に両面真っ黒になりました。

 

最後に「一生関わるな」とだけ書き残し、荷物を持って家を出ました。

 

初めて「自由」を感じた日

家を出て、真っ暗な道を歩き始めました。

その時のすがすがしさは、今でも忘れません。

18年間の苦しみから、やっと逃れられるんだ。

嬉しくて、涙が出ました。

コンビニに立ち寄り食べたブリトーは、それまでの人生で一番美味しい食べ物になりました。

ついに私は、両親の呪縛から解放されたのです。

 

背中を押してくれた担任の先生

私が向かったのは、高校でした。

「これからしばらく通学できなくなります」と伝えに行く必要があったからです。

門が開いてすぐ、担任の先生に声を掛けました。

私の姿を見て何かを察したのか、別室で話を聞いてもらえました。

事情を説明すると、先生は書類を私に見せました。

そこにあったのは、「卒業要件」の文字。

思いもよらない言葉が、先生から飛び出しました。

「君は今まで高校を一度も休んでいないから、すでに卒業要件は満たしているよ。安心して行きなさい。受験頑張れよ!」

それを聞いて、私は本当に安心しました。

 

そして私は高校を出て、駅まで走り、新幹線に飛び乗るのでした。

 

次回予告

家を飛び出し、新しい生活を始めることが出来た私。

しかし、過去との縁を断ち切るためにやるべきことがありました。

それは、「改名」です。

 

 

それでは、今回はこの辺で!

 

 

nonbiri-setsuyaku.hatenablog.com

 

 

番外編はこちらから↓

 

nonbiri-setsuyaku.hatenablog.com